須賀川桐陽高校入試選抜方法

数学館.com

MENU

須賀川桐陽高校 入試選抜方法

令和2年度入試(令和元年5月30日現在)

 須賀川桐陽高校の選抜方法は、Ⅰ期選抜にあたる特色選抜で、普通科の募集定員枠が35%から10%と大幅に少なくなりました。また、特色選抜で普通科の学業のみの募集はなくなりました



募集定員:普通科200名/数理科学科40名
教育方針:「英知」の校訓のもと、知性豊かで主体的に問題解決に取り組み、自己実現を図ろうとする人間の育成

【前期特色選抜】(普通科10%程度/数理科学科40%程度)

[志願してほしい生徒]

・普通科:
 「学習の記録」が優秀で、上級学校への進学を希望し、部活動においても顕著な実績があり、入学後も部活動を継続し、そのリーダーとして活躍が期待できる者。(対象となる部活動は募集要項で示す)

・数理科学科:
 学習の記録が優秀で、入学後も高い学習意欲と明確な目的意識をもって、理系の国公立大学や私立の4年制大学への進学を希望する者。文系の大学を志望する者は、理系科目にも興味・関心のあるもの。

[選抜資料]
・学力検査     :250点満点(各科共通)
・特色選抜志願理由書:志望の動機、高校生活への抱負、卒業後の進路希望について、志願理由書の指示に従って本人が記入(各科共通)
・調査書      :普通科135点満点(各教科の学習の記録135点/特別活動等の記録は点数化しないが内容は精査)/数理科学科160点満点(各教科の学習の記録135点/特別活動等の記録及び長所・特技等の記録25点)
・特色面接     :普通科 個人面接(学ぶ意欲や部活動における活動実績等について、自らの考えを伝える表現力をみる。90点)/数理科学科 個人面接(学ぶ意欲や中学校おいて積極的に取り組んだこと等について、自らの考えを伝える能力をみる。40点)
・特色検査     :普通科 実技(対象とする部活動に関する各種技能や基本的な身体能力をみる。25点)/数理科学科 小論文(与えられた資料に関して関連する設問に答えるとともに、指示に従って自分の考えをまとめる。50点)

【前期一般選抜】

[選抜資料](各科共通)
・学力検査:5教科 250点満点
・調査書 :195点満点(各教科の学習の記録195点/特別活動等の記録は点数化しないが内容は精査)
・面接  :実施しない。
・学力検査と調査書の成績の比重:同等

【後期選抜】

[選抜資料]
・調査書 :135点満点(各教科の学習の記録135点/特別活動等の記録は点数化しないが内容は精査)
・面接  :個人面接(学ぶ意欲や適性をみる。段階評価)
・その他 :小論文 点数化(与えられた資料をもとにして関連する設問に答えるとともに、指示に従って自分の考えをまとめる。50点)



【入試データ】

○ 普通科

・平成31年度
[Ⅰ期]志願倍率:1.73倍
    合格者数:80人(Ⅰ期枠70人)
[Ⅱ期]志願倍率:1.19倍(1次/1.16倍)

・平成30年度
[Ⅰ期]志願倍率:1.36倍
    合格者数:80人(Ⅰ期枠70人)
[Ⅱ期]志願倍率:1.09倍(1次/1.08倍)

・平成29年度
[Ⅰ期]志願倍率:1.70倍
    合格者数:80人(Ⅰ期枠70人)
[Ⅱ期]志願倍率:1.38倍(1次/1.46倍)

・平成28年度
[Ⅰ期]志願倍率:1.79倍
    合格者数:80人(Ⅰ期枠70人)
[Ⅱ期]志願倍率:1.26倍(1次/1.26倍)


○ 数理科学科

・平成31年度
[Ⅰ期]志願倍率:0.56倍
    合格者数:8人(Ⅰ期枠16人)
[Ⅱ期]志願倍率:0.47倍(1次/0.44倍)

・平成30年度
[Ⅰ期]志願倍率:0.88倍
    合格者数:13人(Ⅰ期枠16人)
[Ⅱ期]志願倍率:0.85倍(1次/0.93倍)

・平成29年度
[Ⅰ期]志願倍率:1.00倍
    合格者数:13人(Ⅰ期枠16人)
[Ⅱ期]志願倍率:0.85倍(1次/0.59倍)

・平成28年度
[Ⅰ期]志願倍率:1.13倍
    合格者数:17人(Ⅰ期枠16人)
[Ⅱ期]志願倍率:0.52倍(1次/0.52倍)
数学館

授業の空き状況

 ○ 授業の空き状況 ○
【須賀川教室】
時間
水曜
金曜
4:20~5:20
空2空2
5:30~6:30
空2
空2
7:00~8:00


8:10~9:10


9:20~10:20
空2
空2
「空」:空きがありますので、現在授業を組めます。数字は受け入れ可能人数です。
「満」:定員に達しています。

数学館

指導コース

学費一覧

合格体験記

学習Contents

おすすめ書籍