5 図形の証明 01

数学館.com

MENU

5 図形の証明 01

→ 高校入試対策問題へ戻る

5 図形の証明 01








(解答)

5 図形の証明 01 答

【ヒント】

(1) 補助線を引き、平行線と比の関係から平行四辺形になるための条件「対角線はそれぞれの中点で交わる」を用いて証明する方法と、合同な2つの三角形を見つけて対応する角が等しいことを用いて、平行四辺形の定義「2組の対辺がそれぞれ平行」を用いて証明する方法などが考えられます。
(2) 三角形ADGと合同な三角形を見つけ、その三角形と三角形ABCの面積比を考えると簡単に求められます。

 (1)は、合同を用いた証明であれば中学2年生でも解ける問題です。(2)は、方針が定まれば割とスムーズに解けますが、方向性が見えないと苦労してしまうようです。比の問題は慣れが必要ですが、高校での勉強を考えると、確実にできておいたほうがよい問題です。(京谷)

※塾生以外の方には、解答のみの公開となります。問題の解き方等に関するお問い合わせには対応しておりません。

→ 高校入試対策問題へ戻る

2021/07/20
 [須賀川市の学習塾:数学館] 
数学館

授業の空き状況

 ○ 授業の空き状況 ○

時間
月曜
水曜
金曜
16:30~17:30
×
×
×
17:40~18:40
×


19:10~20:10
×


20:20~21:20
×


21:00~22:00
×
×
×

「○」:空きがありますので、現在授業を組めます。
「×」:現在募集していません。

数学館

指導コース

学費一覧

合格体験記

学習Contents

おすすめ書籍

数学館公式ツイッター