「かいじゅうたちのいるところ」モーリス・センダック

数学館.com

MENU

「かいじゅうたちのいるところ」モーリス・センダック

かいじゅうたちのいるところ

 「かいじゅうたちのいるところ」は、モーリス・センダック(1928年~2012年)の代表作であり、1964年にアメリカで最も権威のある児童書の賞の一つであるコールデコット賞を受賞しています。

 出版された当初は、主人公の自由な夢の世界の話に、読んだ子供に悪い影響を与えるという理由で、子どもを持つ親からは歓迎されず、かえって批判的な評価を受けていたようです。しかし、子どもたちからは強く支持され、大ヒットとなりました。

 モーリス・センダックの画風は、19世紀の古典的なイラストレーションとディズニーの影響を受けてるといわれ、その独特の世界観は芸術的でありながら親しみを覚えます。

 日本では、1966年に「いるいる おばけが すんでいる」という名前で出版されましたが、1975年になって神宮輝夫によって七五調だった訳を改め、新訳となってこの本が出版されました。

 この訳本は100万部のベストセラーであり、子どもも大人も楽しめるすばらしい絵本です。

 機会があるなら、原本(Where the Wild Things Are)にも触れていただきたい一冊です。
数学館

授業の空き状況

 ○ 授業の空き状況 ○
【須賀川教室】
時間
水曜
金曜
4:20~5:20
空2空2
5:30~6:30
空2
空2
7:00~8:00


8:10~9:10


9:20~10:20
空2
空2
「空」:空きがありますので、現在授業を組めます。数字は受け入れ可能人数です。
「満」:定員に達しています。

数学館

指導コース

学費一覧

合格体験記

学習Contents

おすすめ書籍