平成26年度福島県立高校入試Ⅱ期試験結果

数学館.com

MENU

平成26年度福島県立高校入試Ⅱ期試験結果

 平成26年度福島県立高校Ⅱ期選抜の学力検査成績が発表されています。それによりますと、5教科総合の平均点が129.8点で昨年より6.4点上昇し、最高得点も昨年より7点高い232点でした。

[平成26年度総合得点の分布]
平成26年度総合得点分布
(※配点調整の有無にかかわらず集計)

 得点の分布も、昨年より全体的に押し上げられているような形になっています。

 総合得点の学校平均点も、190~210点の間にある高等学校は平成25年度では0だったのが平成26年度では2校あり、170~190点、150点から170点ではそのまま2校が持ち上がる形で押し上げられ、50点未満の学校に至っては、平成25年度に8校あったのが、平成26年度ではわずか1校と激減しています。

[各教科の平均点]

国語
社会
数学
理科
英語
平成26年度
28.3
26.2
24.6
26.4
24.3
平成25年度
28.9
25.4
22.5
20.6
25.9

 各教科の平均点は、昨年平均点の高かった国語と英語がわずかに下げ、代わりに他の3教科の平均点が上がり、平均点だけ見るとかなり理想的な配分になったといえそうです。

 しかし、各教科の標準偏差をみますと、国語が7.2(昨年より+0.5)、社会が9.4(昨年より-1.7)、数学が9.7(昨年より+1.2)、理科が8.7(昨年より+1.0)、英語11.1(昨年より-0.3)となっており、国語ではあまりばらつきがなく、社会・数学・英語でばらつきが大きくなっています。

 特に、昨年より改善したとはいえ、英語は大きくばらつき、40点以上の生徒の割合が8.8%で他の教科の1.8倍以上いる一方、10点以下の生徒の割合も11.4%と五教科の中で唯一10%を上回っています

 また、数学は、10点以下(9.9%)に関しては英語を下回っていますが、5点以下が3.5%と英語の2倍以上という結果になっています。


[教科別得点分布]
平成26年度国語得点分布
平成26年度数学得点分布
平成26年度英語得点分布
平成26年度理科得点分布
平成26年度社会得点分布

 ばらつきの大きい英語では高得点の生徒が多いので、上位層ではかえって差が付きにくくなっています。また、数学は35点あたりまで生徒の割合がどんどん増え、それ以上だと極端に点数を取る生徒がいなくなっていますので、中位層にとっては如何に35点近辺まで点数を伸ばすか、上位層は如何にそれを超えるかがカギになりそうです。

数学館

授業の空き状況

 ○ 授業の空き状況 ○
【須賀川教室】
時間
水曜
金曜
4:20~5:20
空2空2
5:30~6:30
空2
空2
7:00~8:00


8:10~9:10


9:20~10:20
空2
空2
「空」:空きがありますので、現在授業を組めます。数字は受け入れ可能人数です。
「満」:定員に達しています。

数学館

指導コース

学費一覧

合格体験記

学習Contents

おすすめ書籍