人工大腸がん幹細胞作製成功:神戸大・京都大

数学館.com

MENU

人工大腸がん幹細胞作製成功:神戸大・京都大

 神戸大学と京都大学の研究グループが、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作成する技術を用いて(iPS細胞を作るのではなく)人工的にがん幹細胞の作製に成功し、それを選択的に集めることができる手法を考案したと発表しました。

 がん幹細胞は、がんの親玉細胞と考えられ、がんの転移や再発、治療抵抗性の原因となる細胞で、がん組織中に少ししか存在しないことなどが要因で手に入れにくく、そのため、がん幹細胞研究の妨げとなっています。

 この人工大腸がん幹細胞は、大腸がん組織を繰り返し再構成できるなどヒト大腸がん組織中のがん幹細胞と同様の特徴を示すことが確認できたそうです。

 これにより、入手しにくいがん幹細胞のかわりにこの人工大腸がん幹細胞を用いることにより、がん幹細胞の詳細な研究が進み、がん幹細胞を標的とした診断技術や創薬に役立つことが期待されます。

 研究の詳細は、アメリカの科学誌の「PLOS ONE」に、「Induction of Cancer Stem Cell Properties in Colon Cancer Cells by Defined Factors」の題名で掲載されてます。
数学館

授業の空き状況

 ○ 授業の空き状況 ○

時間
月曜
水曜
金曜
16:30~17:30
×
×
×
17:40~18:40
×


19:10~20:10
×


20:20~21:20
×


21:00~22:00
×
×
×

「○」:空きがありますので、現在授業を組めます。
「×」:現在募集していません。

数学館

指導コース

学費一覧

合格体験記

学習Contents

おすすめ書籍

数学館公式ツイッター