6 関数の応用 02

数学館.com

MENU

6 関数の応用 02

→ 高校入試対策問題へ戻る

6 関数の応用 02








(解答)

6 関数の応用 02

【ヒント】

(1) 直線mの式を放物線Cの式に代入して点Qの座標を求め、P,Qの座標からlの式を求めます。連立方程式を立てる方法と、変化の割合を求める方法などがあります。
(2)
① x=1のとき、Aは直線RP上にあるので、まずは直線RPの式を求め、そこから2点A,Bの座標を導き出します。三角形ABPの底辺をABとすると、高さはPとAの座標の差となります。
② xが-1以上0未満の範囲のときと、0以上2以下の範囲に場合分けし、それぞれ条件に合う値を求めます。

 中3生に解いてもらったところ、ひっかかりなくスムーズに解けていました。本番でもこのレベルの問題を解ききれるよう練習しましょう。(京谷)

※塾生以外の方には、解答のみの公開となります。問題の解き方等に関するお問い合わせには対応しておりません。

→ 高校入試対策問題へ戻る

2021/08/16
 [須賀川市の学習塾:数学館] 
数学館

授業の空き状況

 ○ 授業の空き状況 ○

時間
月曜
水曜
金曜
16:30~17:30
×
×
×
17:40~18:40
×


19:10~20:10
×


20:20~21:20
×


21:00~22:00

×
×

「○」:空きがありますので、現在授業を組めます。
「×」:現在募集していません。

数学館

指導コース

学費一覧

合格体験記

学習Contents

おすすめ書籍

数学館公式ツイッター